実戦力を養うための問題集 理科総合メジャー化計画

2008年06月19日

実戦力を養うための問題集

理科総合Aのセンター試験の問題を見ると、どの大問も、実験操作や実験結果のグラフなどが最初に示され、それについての考察をさせるという形式になっていました。

また、理科総合Bのセンター試験の問題を見ると、調査や観測についてさまざまな考察をさせる問題が中心になっていました。

「知識を前提とするのではなく、問題で与えた内容を元に考察させる」というのが、理科総合の問題の特徴です。ですから、基本的な知識を土台とした考察力を鍛えることが重要になります。

マーク式の問題を扱っているセンター対策用の問題集には、次のものがあります。

●『センター試験問題集 理科総合A』(啓林館)
●『センター試験問題集 理科総合B』(啓林館)
●『傾向と対策 理科総合A』(旺文社)
●『傾向と対策 理科総合B』(旺文社)

旺文社の傾向と対策は、センター試験の過去問(物理IA、化学IA、生物IA、地学IA、総合理科を含む)から問題を選んでいます。啓林館の問題集は、それ以外の問題も含まれていて、問題数が多いです。時間をかけて十分な対策をしたいという方には、啓林館の問題集がお勧めです。
posted by tahara at 21:25 | TrackBack(0) | 理科総合の対策法
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16182470

この記事へのトラックバック